2015年10月12日

TAKE! ABI  . 健康セミナー

寝たきりを半分に減らす目的で、活動している私たちの寝たきり半分推進協議会
が、サキベシ推進協議会の協力を得て、ことしも「健康セミナー」を開 きます。

講演と、血管年齢測定、塩分測定などを行います。

日時 2015年10月12日(月、体育の日)
会場 長野市若里市民文化ホール 2階
住所 長野県長野市若里3丁目22-2
定員 150名
参加費 2000円
問い合わせ サキベジ推進協議会
電話 026-244-2001

内場先生の研究が掲載されました

世界的に権威ある科学雑誌には、ネイチャーやサイエンスなどが特別に有名ですが、高血圧など循環器系の雑誌の中でとりわけ権威のある雑誌があります。
それは、” American Journal of Hypertention”と” The Journal of Clinical Hypertention”です。
この二冊に、内場先生の研究が掲載されました。

Association of Morning and Evening Blood Pressure at Home With Asymptomatic Organ Damage in the J-HOP Study
American Journal of Hypertention
http://ajh.oxfordjournals.org/content/27/7/939.abstract?sid=d6db5ded-6d3a-4c3d-9431-2ac9d928f9c3

uron

 

Sleep Blood Pressure Self-Measured at Home as a Novel Determinant of Organ Damage:Japan Morning Surge Home Blood Pressure(J-HOP) Study

The Journal of Clinical Hypertention

http://onlinelibrary.wiley.com/doi/10.1111/jch.12500/abstract

uron2

米と日本人

稲を育ててお米をたいて夕餉は楽しいご飯の時間。大飯喰らいのたらふく飯(まんま)、何と言ってもご馳走は銀シャリ。英語のライスでは言い尽くせない関わりを日本人は脈々と受け継いできました。

伝説か史実かの論議は別にしてこの国の国史である古事記には、天がこの世に瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)を遣わしてこの世に稲穂を託し神々の国と同じくこの国を稲穂でにぎにぎしく実らせよと願われたといいます。

目を見張るのはかくも古の時代1300年も以前に先人は「米」をわが国の主食として捉えていたという先見性だと思います。稲作の芽生えは縄文時代の末期三千年程前にはあったようですが国土に広く伝わったのは弥生時代と言われています。弥生時代以前の米は以後の米とは少し異なっていました。種類も少し異なり今に伝わる古代米とか赤米とか言われるものがこれに近かったと思われます。対馬の漁師達はこの赤米を先祖から伝え守りこれを収穫し、守り神として祀る習慣が今でも残っています。日本では太古から命をつかさどる神様と命を繋ぐ「米」が同じく神として祀られたのでしょう。

弥生時代になると大陸から来た弥生人の北上と共に縄文人との混血が起こり稲作の技術もこれと同時に北上して行ったものと思われます。弥生時代の稲作の大きな特徴は大規模な水耕栽培です。水耕栽培を行うには平坦な耕土と水利が必要です。

灌漑と造成には共同作業を通して現代社会の基本的仕組みである共同作業と役割分担が培われてきました。人間の社会では父親は当たり前に子育てを分担しますが、ほとんどの猿は子育てを家族の役割として分担しません。動物は群れを作っても家族は作らないのです。

稲作は高度な社会性を必要とする為に人を単なる群れから家族の集団としての社会へと育てていったと思われます。私達の社会に助け合いの社会構造と精神文化、何よりも命を繋ぐ食べ物の命を頂いて自らの命に繋いでいく「頂きます」の精神は稲作によって育まれてきたと思います。

私達は美味しいものを食べると嬉しく感じる心を持っています。そして不思議なことに美味しいものを人と共有したときにはもっと嬉しく感じる心の作用を持っています。他人の喜びを感じて自分の喜びが増幅するという、個人主義の立場では何の徳も無いような心の作用が私達の心の中に備わっているのです。

このように私達日本人の精神や社会構造に大きな影響を及ぼし続けてきた「米」はほんの少し前の時代まで「食物」である以上に「通貨」としての役割を担ってきました。商人は米手形で投機的な経済活動を発達させましたしローマ帝国でも小麦が労働の代価として使われていました。農民は税を米で支払う制度が古くからあり、太閤検地などを経てその制度は確固たる物に進化していきます。

農民からすれば米は食料というより通貨として納税の糧としての意味合いが強く裏作で作る作物こそが普段の食べ物であったかもしれません。しかしそれは「米」が日本人の主食ではなかったと言うことではなく、米こそが価値の中心であったことを示していると思います。

去る年に伊勢神宮は二十年に一度の式年遷宮を迎えました。何故二十年に一度なのかを神宮にお尋ねしたことがあります。一つには宮大工、装飾品、宝剣などの伝統の技術を伝承するために二十年に一度のすべての作り直しが必要であったと言います。そしてもう一つが経済的な事情です。式年遷宮には莫大な費用が必要です。実際世の中が困窮した時代には遷宮が行われなかった時代もあり、名だたる武将がこれを寄進にて助力したこともしばしばでした。
この時寄進の多くは米によってなされています。神宮は米による寄進を備蓄しその二十年間の蓄財で遷宮という大事業をなしてきたと言います。現代では古米は忌み嫌われがちです。古古米となると人によっては捨ててしまう場合もあると聞き及びます。

 

llllllll
ところが世界には多種多様な価値観があります。たとえばイタリアの高級なお米メーカーでは新米より古米、古米より古古米の方が高値で取引されます。もちろん十分に品質管理をされたお米なのは言うまでもありません。なぜ古いお米が価値を持つのかそれはお米への接し方や調理の仕方の違いが原因しています。

イタリアではお米は多くの場合リゾットなどに代表されるように味付けをして調理されます。この為含水量の多い新しいお米は味の含みが良くありません。よく乾燥された含水量の少ない古いお米の方が味の含みが良いため料理の完成度が上がります。

我が国でも関西の「かやくご飯」(炊き込みご飯)の専門店では味の含みを良くする為にある程度古米をブレンドして調理している専門店をよく見かけます。しかし私達日本人はお米をご飯として食べる調理の方法の為か、経済的に豊かになったためのおごりの為か古いお米はその価値を失っていくようです。

さてこのように経済基盤として文化の基本として君臨してきた私たちのお米、現代では白米として食されることがほとんどです。私たちはいつごろからお米を白米として食するようになったのでしょうか。古来より米の生産量とともに我が国の人口が増加したことは言うまでもありませんが、この米の増産は社会基盤の安定なしにはなしえません。

すなわち三百年もの治安を保った江戸時代に米の生産量は大きな飛躍を遂げます。収量の少ない貴重な米は多くが玄米のまま食されたことと思います。精米すれば食べる量が減るからです。収量が増え、経済的にも余裕が生まれた江戸時代中期頃から都会では精米を施した白米がブームになります。

この白米ブームは一つの病気を引き起こします。田舎から奉公に来た若者が江戸や京都に働きに出ると体を壊します。使い物にならなくなって暇をもらい田舎に帰るとたちまちこの病は治ってしまいます。この為「都やまい」と言われた病気が今でいう脚気です。

我が国はこの脚気を国民病として苦悩した歴史があります。特にこの国民病と対峙したのが明治時代の陸軍と海軍です。当時の陸軍軍医総監である森林太郎(森鴎外)はこの研究班を率いた事でも知られています。残念ながらこの時代、脚気は脚気菌による流行病という学説が主流でした。当時はコッホやパスツールの細菌学が世界を席巻した時代であり多くの病気がばい菌による感染症という風潮の中にありました。

この為脚気も脚気菌が原因だと考えたのも当然だったのでしょう。しかし残念なことにこの思い込みの為に脚気の原因究明はかなり後の時代に譲ることになります。海軍は当時胚芽入りのパンを食べると脚気が改善する事に気づいていました。しかし玄米から胚芽を奪った白米が脚気の原因だとまでは考えが及ばなかったようです。そのくらい白米はご馳走の代表格であり富の象徴だったともいえます。白米にしたことが国民病の原因だとはだれも思わなかったし誰も思いたくはなかったのでしょう。

さて胚芽を奪った白米が脚気の原因であることがはっきりしてからも我が国では白米での消費が主流であり続けました。その大きな原因は精米技術の未熟さです。三分つき米や五分つき米にすれば脚気がなくなることは広く世に知れ渡るようになりました。しかし精米技術が未熟な当時は分つき米の表面は凸凹で酸化が早くしばらく置くとぬか臭いご飯になってしまします。かといって玄米のままの炊飯は時間がかかり食感も固くその時代の嗜好に合わなかったようです。

戦後国を挙げて米の流通を管理するようになった時も玄米で流通させるか、分つき米で流通させるか、あるいは白米で流通させるかは大きな議論になりました。結果として品質管理の問題(精米技術の問題によるぬか臭さ)の観点から白米で流通することになったようです。重要なことはこの時、流通米を白米に決定した役員の中の誰一人白米が一番体に良いとは思っていなかったことです。

この国を古くから支えてきたお米の文化、昨今の消費量は年々減少していると言います。最近では糖質制限が流行し、ますますお米離れが進んでいるようにも見えます。はたしてお米はそんなに悪者なのでしょうか。1945年から始まった国民栄養調査によると終戦直後の炭水化物摂取の割合は総カロリーの八割を占めています。これに対して現代では炭水化物の占める割合は六割を切っています。

なのに肥満や糖尿病は爆発的に増えています。確かに炭水化物の内容は時代とともに血糖を上げやすいものに変わって来たと思います。しかし動物性脂肪の増加や野菜の繊維の減少、さらに身体活動量(運動と日常生活の運動量)の減少が現代の病気の本質と思えてなりません。思えば高血圧は「塩」の摂りすぎ。糖尿病も高脂血症も元をただせば食べ過ぎが引き起こす病気です。

もう一度私たちの食を見返すことも年の始まりに喜ばしい事ではないかと思います。私たちの誇るべき歴史と文化、子供たちに繋ぐ大きな宝物としてお米の文化を大事に引き継いでいきたいと思います。

「健康セミナー」―講演とTake!ABI ―開催報告

9月23日

ホテル国際21で、

「寝たきりを半分に」をテーマの講演と血管年齢測定会Take!ABIを行いました。

準備

kks1 kks2

 

8時半に開場、10時から講演開始の予定で、会場の準備は株式会社アスク社の小山社長と社員の方々が準備してくださいました。
8時頃には、もう参加者の方がお見えです。

 

私はどのくらい塩分を摂っているの?

kks3 kks4

 

入場された方は、まず塩分摂取の相談に訪れます。
山本先生は、長年保健指導をしてきた大ベテランです。
先生の人生経験もあって、心にしみ込む指導をされます。

 

頭はちゃんと働いているかな?

kks5 kks6

GO-NO-GO課題テスト。
徳武正敏先生がGO-NO-GO課題テストをしてくださいました。
これは大脳の実行機能を調べるテストで、52名の方が受けられました。
このテストは信州大学教授の寺沢宏次先生が長年研究を積み重ねてきたもので、認知症予防に大きな力を発揮してきました。
今までは手作業でデータを処理し結果を後日お知らせするというものでしたが、今回は株式会社EPC 鈴木雅人社長のご苦労によって、初めてコンピュータによる自動処理が可能になりました。結果は、その場でプリントアウトして、被験者に手渡されました。

 

みんな血管年齢測定を待っています

kks7

 

待ち時間の気分転換に認知症予防ヨーガの呼吸体操

kks8 kks9

指導は高橋玄朴先生。
筑波大学の認知症予防のための運動プログラムの研究から編み出した体操です。

 

いよいよ、血管年齢測定です

kks10 kks11

Formという動脈の方さを調べる機械での測定です。
測定は大岡診療所の看護師さんが、ボランティアでしてくださいました。お二人は、formの測定の大ベテランです。
測定は、72名もの方に実施できました。これは、当初見込んでいた人数の倍です。これは大変な収穫です。
この測定会は、Take! ABIという全国で展開されているイベントの一環として、オムロンヘルスケア株式会社のご協力で可能となりました。

kks12

測定結果が気になると、内場先生が指導。
先生に指導して欲しくて、参加された方が大勢いらっしゃいました。

 

講演
的場明子先生の「美味しく、簡単で、健康になるレシピ」

kks13 kks14

最初に的場先生は、超難問を皆さんに出します。
右の写真は、皆さんがこの難問に応えているところです。
問題とは、
「あなたが将来、“頭がしっかりした寝たきりになるか”、 “体は元気でも認知症になるか”どちらかに必ずなるとしたら、そしてもしそのどちらかを選べるとしたら、どっちを選びますか」という問いです。

kks15

 

 

内場廉先生「健康を保つ、劇的効果の3つの習慣」

kks16 kks17

内場先生の講演。
ものすごい迫力でした。
終わってからお聞きすると、
「前夜、アナフラキーショックで死にかけました」
そこで寝る前に、「明日の朝、目が覚めないかも知れない。もし、神様が『いのちをかけて寝たきり半分をしろ』と使命を下さっているなら目を覚ますことが出来るだろう」と、思ったそうです。

 

サイン会

kks18 kks19

サインをもらって、大感激。

ありがとうございました
主催をしてくださった株式会社アスクの小山社長とスタッフの方々、
協賛をいただいた有限会社AtoZ、信州ハム株式会社のみなさま、
ありがとうございました。

長野市周辺の方々ばかりでなく、遠く神奈川支部からも参加していただきました。全部で、90名ほどでした。
みなさまありがとうございました。
みなさまの人生に大きく役立っていただけるように、私たちはこれからも活動を進めていきます。

 

尿に蛋白が出たら

おしっこに蛋白が出る人が居ます。健診や生命保険加入の診察では必ず尿の蛋白を調べます。

おしっこに蛋白が出たからと言って何か困ることがあるかというと、何の症状も無いうえにとりあえず何も困りません。ところがこの尿蛋白はどのような健康診査でも必ず調べます。そして医者や保健師はこの尿蛋白をとても警戒しますが当のご本人は事の重大性を実感できません。

それはそうです、だって何ともないのですもの。痛くも無ければ痒くもない。おしっこに何か混ざっていたからと言って本当に何も困らないのですもの。医者や保健師は何を大騒ぎしているのでしょう。

尿は体の老廃物を濾しとって捨てたものです。これに蛋白が混ざることは普通では絶対ありません。おしっこを作る腎臓という臓器は大切な蛋白質はきれいに濾し採って大事に再利用します。ところが腎臓が壊れてくるとザルの目が大きくなって大切な蛋白が漏れてしまいます。するとおしっこに蛋白が混ざるようになります。

おしっこに蛋白が出るという事は腎臓が悪くなってきたという事なのですが事は腎臓だけでは済みません。体の中で最も繊細な血管の集まりが腎臓です。おしっこに蛋白が出だしたという事は腎臓をはじめとする全身の血管が傷つき始めたという事を教えてくれています。

蛋白が出ている人は出ていない人に比べて脳卒中や心筋梗塞を圧倒的に起こしやすい事もよく知られています。ですから蛋白が出ると保険に入れないこともしばしばです。「俺は昔から蛋白が出ているんだ。」なんて言っていないで本気で体を大事にしてくださいね。

血管年齢について

血管年齢って知っていますか?血管年齢はこの十年くらい前からいろいろな方法で測れるようになりました。

一口に血管年齢と言ってもいろいろな測り方がありどれも同じではありません。血管の柔らかさを測るもの、血液の流れる量を測るもの、圧力の変化を量るもの、血管の太さの変化を量るもの等それこそ様々です。ただどの測り方も血管の衰え具合表していることは共通しています。

今ではたくさんの病院や検診施設でこの血管年齢を測ることが出来るようになり便利です。一度測ってみることをお勧めします。なぜならこの血管年齢、なかなか予想を裏切る結果が出ます。全く体に不自由を感じていない人の中から血管に問題がある人をとても敏感に探し出します。ですから予想外に悪い結果に驚いた利用者さんから「これは本当ですか?」としばしば聞かれます。

何故悪い結果が出たのか丁寧に調べていくとほとんどの方に高血圧、高脂血症、糖尿病予備軍、腎機能障害、先天異常などが隠れていることが見つかります。

中でも圧倒的に多いのが隠れ高血圧です。もともと血圧が高くても測っていないので気が付いていない人、日中は低いけれど朝起きてすぐ測るとすごく高い人、夜寝ている間になぜか高くなっている人、このように隠れ高血圧は様々ですが心臓は一日十万回動いています。少し高めの血圧だと油断していると心臓は一日十万回も働くので積み重なる負担やダメージが知らないうちに血管を固くしていきます。

歳を重ねても健やかでいる秘訣は何と言ってもささやかな習慣の積み重ねです。早めの気づきで豊かな老後を目指してくださいね。

夏は熱中症の季節です

家族でお見送り

夏は熱中症の季節です。日頃の水分補給を怠らないことは当然ですがきちんと食事をとることも予防のポイントです。多くのお年寄りは歳を重ねると食が細くなります。寝たきりのお年寄りも食の夏枯れに苛まれます。寒さも体にこたえるけれど暑さも体にこたえます。この夏、すでに何人かのお年寄りを見送りました。

「美味いもんくりゃー」

人の顔を見ると決まってそう言うおばあちゃんがこのほど旅立ちました。ほんのこの前まで口に物を運ぶと目を閉じたまま黙々と食べていたおばあちゃん、とある朝から何も受け付けなくなりました。たまたま家族が自分の事で診療所を訪れてくださり「おばあちゃん、朝から変なのよ」と教えてくれました。それはさっそく診に行きましょうとご自宅を訪ねると確かに元気がありません。診察をさせていただき、そろそろかもしれないことを告げて間もなくおばあちゃんは息をしなくなりました。とても安らかに息子夫婦に上手に最期を看取ってもらいました。

カルテを見返すと5年前からお嫁さんの肩を借りて来院するようになっていました。この一年間は自宅で寝たきりになっていました。息子夫婦は地域の施設を利用しながら上手にやりくりしておばあちゃんを看てきました。いろんな苦労もありました。お嫁さんはしみじみこう言いました。「おばあちゃん、私から嫌われる前に上手に逝ったわね。」訪れるご近所さんが口々に言います。「ばあちゃん、幸せだったね。ほんとに幸せだったね。」出来るなら、僕の最後もこんなほほえみの中で迎えられないものかと心から羨ましく思いました。

健康と病気の境目

昔は血圧が高くても元気でいればあまり気にかけませんでした。世の中の空気も血圧が高いくらいは大きな問題ではないと考えていました。私達はいつ頃から血圧が高い事を病気として考えるようになったのでしょうか。かつて戦時のアメリカ大統領ルーズベルトは大統領就任時の血圧が250mmHgであったことが記録に残っています。そして彼はその後戦争の終結を観る事無く脳出血で急死しています。

今年、日本高血圧学会はガイドライン2014年度版を発表しました。140/90以上は高血圧として生活習慣の改善、減塩、あるいはお薬による治療を勧めています。これに対し人間ドック学会は健康と思われる人の上の血圧は87から147であったと報告しています。

悩ましいですね。147までは健康だと思いたいのが人情ですよね。ところがこの基準には但し書きがあり「この範囲にいることが将来の健康を保証するものではありません。」とあります。これに対し高血圧学会の勧める「140/90未満」は脳卒中や心筋梗塞など人生を一瞬にして変えてしまう重大な病気を予防するための基準です。血圧が160以上あっても多くの人は平気です。140なんてさらさら平気です。それでも先人の長い観察研究により140より高い人は倒れやすいことが判っています。(本当は120以上あると事件が増えます。)

我が国の保険制度は明らかな病気に対してしか保険を使うことを許していません。ところが血圧に関しては、今困っていなくても大きな病気にならないように予防的に血圧を治療することを認めてくれています。これはとても有難い事だと私は心から思うのですが皆さんは如何でしょうか。

ジェネリック医薬品をご存知でしょうか

薬が出来るまでには気が遠くなるような長い道のりがあります。お薬に使えるかもしれない候補を苦労して見つけても、実際のお薬にたどり着くのは一万分の一程度と言われています。このような難関を耐え抜いた数少ない候補はさらに綿密な動物実験を経て初めて人間に使うことが検討されます。

これだけの手間と時間とお金をかけてお薬は世に出てきます。この為新しいお薬には訳20年の特許期間があり、よその会社が同じものを作ることを制限しています。この特許期間が終了したお薬をジェネリック医薬品と言います。製品化から20年以上の実績と経験があるお薬ですから他の会社が作る際には開発時よりもコストがかかりません。開発費用が掛からない分安くお薬を提供できるというわけです。

ではこのジェネリック医薬品、オリジナルと全く同じといってよいかどうかが気になるところです。私の診療所でも積極的にジェネリック医薬品を採用しています。使ってみて全く不具合のないものも多くあります。時には患者さんから不具合の申し出をいただくこともあります。では可能な限り全てのお薬をジェネリック医薬品にしているかというと実はそうでもありません。このお薬だけはジェネリック医薬品にしたくないと思うデリケートな部分はあります。

どのような時にジェネリック医薬品を避けているかはその患者さんの体の状態やあるいはお医者さんの病気に対する考え方で少しずつ違うと思います。大事なことはお薬を使う人がもっともっとお薬の事をよく知って使いこなすことだと思います。長くお世話になるお薬です。主治医や薬剤師さんによく訪ねてみてくださいね。