検診を受けよう!

検診を受けていますか?

血圧でお医者さんに診てもらっているから、どこも悪いところを感じないから、いつもコレステロールが高いと言われるだけだから、いつも血糖や血圧が高めといわれるだけだから。検診を受けない理由は星の数ほど挙げられます。

そこで皆さんに知っていてほしいことが二つあります。

一つ目は「検診を受けない人は救急車を使う確率が上がる。」事です。救急車と検診の関係を調べた研究があります。検診を受けない人は救急車の利用率が上がる傾向があると言われています。これは検診で病気を見つけているかどうかということではなく普段からご自分の健康状態に興味を持っているかどうかが影響していると考えられています。

二つ目は「救急車に乗る人は多くの場合前触れがない。」事です。心筋梗塞や脳卒中で救急車のお世話になる人は多くの場合高血圧や高脂血症あるいは糖尿病を持っていることが多いことはよく知られています。しかしここで知っておきたいことは必ずしも治療を必要としない程度の場合でも多くの人が突然救急車を利用する結果になっていることです。

意外に思うかもしれませんが検診の診断基準は病気を見つけるような仕組みにはなっていません。血圧も血糖もコレステロールも「病気とは言わないまでもやや高め」という段階で注意を促すように出来ています。なぜなら心筋梗塞や脳卒中は「病気ではないけれどやや高め」の人も突然襲うという怖い性質を持っているからなのです。突然救急車のお世話になる、こんな目に合わない為にも検診を受けてご自分の「やや高め」をチェックしてください。